弁護士・スタッフ紹介

弁護士 井上 英昭(いのうえ ひであき) -大阪弁護士会所属-

主な経歴

1975年
京都大学法学部卒業
1976年
司法試験合格
1979年
弁護士登録(大阪弁護士会)
2005年
大阪弁護士会 副会長
日本弁護士連合会 理事
近畿弁護士会連合会 常務理事
2008年
大阪弁護士会 法七十二条問題委員会 委員長(~2009年)
2011年
大阪弁護士会 司法改革検証・推進本部 本部長代行(~2013年)
2014年
日本弁護士連合会 常務理事
日弁連 業際・非弁・非弁提携問題等対策本部 本部長代行(~2017年)

委員会活動等

2008年
大阪家庭裁判所 家事調停委員(~2016年)
2010年
大阪市情報公開審査会 委員(~2014年)
2012年
大阪市情報公開審査会 会長代行(~2014年)
2014年
大阪府労働委員会 公益委員(~2020年)
2016年
大阪府労働委員会 会長代理(~2018年)
2018年
大阪府労働委員会 会長(~2020年)
旭日小綬章 受賞

弁護士 吉田 英樹(よしだ ひでき) -大阪弁護士会所属-

1 取扱事件について
 私は、弁護士登録後、できるだけ幅広い分野の事件を受けることを心がけてき
ました。
 例えば、刑事事件や、離婚事件、遺産分割事件、後見申立て、認知請求などの家
事事件、労働事件、交通事故等の損害賠償請求事件、売掛金請求事件、請負代金
請求事件、破産事件、商事事件などの一般事件のほか、企業法務全般のご相談も
お受けしてきました。

 また、これまで一つ一つの事案について、懇切丁寧に向き合い、依頼者の皆様に
ご満足を頂けるよう努めてまいりました。
 このような経験をふまえ、多角的な視点に基づくアドバイスをするよう心がけ
ており、司法書士や税理士などの隣接専門職とも連携し、解決までをトータルサ
ポートいたします。

2 社会福祉士として
 近年、数多くの相談を受けるにあたって、法的紛争は、必ずしも個人的な問題
のみではなく、社会の歪みなどから生じていること
も少なくないと感じるように
なりましたまた紛争の根本的解決にあたっては、福祉に関する専門知識が必要
となることも増えてきました。

 そこで、社会福祉士の資格を取得し、社会福祉に関する研鑽にも努めており、紛
争解決にあたっては、福祉的な視点も大切にしたいと考えております。

3 弁護士会活動について
 弁護士は、司法の一翼の担う存在として、国民の皆様のために、あるべき司法
とは何かを常に考え、これを実践していく必要があります。このために、日本弁
護士連合会や、大阪弁護士会の会務活動にも積極的に参加し、できる限り、これに
関わっていきたいと考えています。

弁護士ドットコムインタビュー「万策尽きた時でも、"あきらめない"という方法がある

選任案件

破産管財人、相続財産管理人、不在者財産管理人、後見人、後見監督人、保佐人 等

所属委員会等

日本弁護士連合会
 民事司法改革総合推進本部
 裁判迅速化問題対策委員会
 司法シンポジウム運営委員会
大阪弁護士会
 司法改革検証・推進本部
 民事司法改革検討・実現PT
 刑事弁護委員会
 遺言・相続センター
 高齢者・障害者総合支援センター「ひまわり」
大阪商工会議所
日本社会福祉士会
京都社会福祉士会
 子ども家庭福祉委員会
社会的養護関係施設第三者評価調査者
介護・福祉サービス等第三者評価調査者(介護分野・保育分野・障害分野/京都)
日本知的障害者福祉協会(賛助会員)
大阪知的障害者福祉協会(賛助会員)

日本民事訴訟法学会
日本学校ソーシャルワーク学会

趣味

  • アウトドア、映画鑑賞

座右の銘

  • 最後まで絶対あきらめない